ミオナールとテルネリン、アロフトなどの違いを比較

ミオナールとその他の筋弛緩剤を比較する

 

ミオナールは肩こり・腰痛などで利用される筋弛緩剤となっています。そして、ミオナール以外にも同様の使われ方をする筋弛緩剤はいろいろあります。

 

ここでは、ミオナールとその他の筋弛緩剤の違いの解説や比較を行ないます。

 

目次

 

ミオナール以外の筋弛緩剤の種類をチェック

 

種別

医薬品名(成分名)

中枢性筋弛緩薬

ミオナール(エペリゾン)

中枢性筋弛緩薬

テルネリン(チザニジン)

中枢性筋弛緩薬

ギャバロン(バクロフェン)

中枢性筋弛緩薬

アロフト(アフロクアロン)

中枢性筋弛緩薬

リンラキサー(クロルフェネシン)

末梢性筋弛緩薬

ダントリウム(ダントロレン)

末梢性筋弛緩薬

ボトックス(A型ボツリヌス毒素)

 

主な筋弛緩剤は↑のとおりです。ミオナールは「中枢性筋弛緩薬」に属しており、その他にテルネリン、ギャバロン、アロフト、リンラキサーがあります。また、「末梢性筋弛緩薬」としては「ダントリウム」「ボトックス」があります。

 

カンタンに言うと、中枢性筋弛緩薬は「自分の意思で動かせる筋肉」のみの緊張をほぐします。なので、自分の思い通りに動かせない「心臓」や「呼吸器」の筋肉には影響がありません。一方「末梢性筋弛緩薬」は全身の筋肉を弛緩させます。よく事故などで話題になるのは「末梢性筋弛緩薬」のほうなので、ミオナールなどの「中枢性筋弛緩薬」は末梢性ほどの危険性はありません。

 

「末梢性筋弛緩薬」は、悪性症候群や全身こむら返りなどの重病に使用する医薬品なので、ミオナールとは基本的に適応が違います。なので、この後はミオナールの属する「中枢性筋弛緩薬」に絞って比較を行います。

 

中枢性筋弛緩薬の比較

 

ここでは、中枢性筋弛緩薬として

 

ミオナール、テルネリン、ギャバロン、アロフト、リンラキサー

 

の比較をしていきます。

 

作用の違い

 

まず気になるのが「作用機序の違い」です。

 

γ-運動神経遮断 ミオナール、アロフト、ギャバロン
介在ニューロン抑制 リンラキサー
ノルアドレナリン遊離抑制 テルネリン

 

↑の表にあるとおり、同じ中枢性筋弛緩薬といっても、作用機序には違いがあります。ミオナールはγ-運動神経遮断となりますが、同じ作用機序なのは「アロフト」と「ギャバロン」となります。

 

→ミオナールの作用機序とは?

 

ミオナールの詳しい作用機序については、↑をご確認ください。

 

一方、リンラキサーは「介在ニューロン抑制」、テルネリンは「ノルアドレナリン遊離抑制」となります。結果的に骨格筋(自分の意思で動かせる筋肉)の緊張をほぐす点は同じですが、作用にいたるルートには若干の違いがあるのです。

 

効果の強さの違い

 

次に、各中枢性筋弛緩薬の効果の強さの違いを見ていきます。

 

※「ギャバロン」には肩こり・腰痛への適応がないため、ここでは省きます。

 

ただ、効果の強さの違いとはいっても、医薬品には人それぞれ相性があるので、一概に「これが強い、弱い」とは言えません。なので評価は難しいところがありますが、データ上の比較であれば可能です。各医薬品の添付文書には「有効率」という項目があり、各症状に効果が出た確率が記載されています。

 

医薬品名

有効率

ミオナール

52.1%(やや改善以上を含めると80.4%)

アロフト

有用性あり

テルネリン

54.7%(やや改善以上を含めると80.1%)

リンラキサー

68.3%

 

各筋弛緩薬の有用性を比べたものが↑です。添付文書によって表現が違うため比較は難しいですが、テルネリンの効果がやや高い印象を受けます。

 

その証拠に、テルネリンは始め少量から投与を始め、じょじょに増やしていくことになります。これは効果の強い医薬品によく見られる用法・用量となるからです。ミオナール、アロフト、リンラキサーは始めから一定量を服用することになるので、効果の強さとしてはテルネリンが一歩抜けているということになるでしょう。

 

一般的に、ミオナール、アロフト、リンラキサーについては効果が比較的おだやかとされています。

 

副作用の違い

 

効果の強さと同じくらい気になるのが「副作用の強さの違い」です。通常、効果が強いほど副作用も強い傾向がありますが、筋弛緩剤の場合はどうでしょうか。

 

副作用も個人差がかなりある部分なので詳しい比較は困難ですが、「副作用が出る確率」での比較は可能です。

 

医薬品名

副作用の総確率

ミオナール

3.38%

アロフト

2.6%

リンラキサー

2.38%

テルネリン

5.3%

ギャバロン

36.6%

 

↑は各筋弛緩剤の副作用確率となります。効果がマイルドと言われるミオナール、アロフト、リンラキサーについては、やはり副作用も2~3%程度と低い確率になっています。一方、効果が強いと言われるテルネリンについては約5%と若干副作用も多くなっています。なお、ギャバロンは36.6%と副作用は結構強めです。

 

もちろん、副作用には個人差があるので、ミオナールで副作用が出るがテルネリンでは特に出ない、といった可能性もあります。あくまでもデータでの違いと言うことなので、最終的には自分に合った医薬品を選ぶことが大切です。

 

→副作用|むくみやめまい、頭痛が出ることも

 

ミオナールの副作用の詳細については↑の記事をご覧ください。

 

中枢性筋弛緩薬比較のまとめ

 

ここまで中枢性筋弛緩薬の比較をしてきたので、まとめてみます。

 

医薬品名 効果 副作用
ミオナール ★★★ ★★
アロフト ★★★ ★★
リンラキサー ★★★ ★★
テルネリン ★★★★ ★★★

※ギャバロンは省略

 

以上から、まずは効果がマイルドなミオナールなどを使用し、それで効果が発揮されないときはテルネリンに切り替えるというのが基本となりそうです。