ミオナールのod(過剰摂取)と致死量などの危険性

ミオナールのod(過剰摂取)リスク

 

od(オーバードーズ)というのは、「薬を大量摂取する」という意味です。用法・用量をはるかに超えた薬を飲んでしまうことを指しています。

 

odしやすい医薬品としては、抗不安薬や睡眠薬などの「向精神薬」があります。こういった医薬品には依存性・耐性形成があり、だんだんその薬なしではいられなくなって(依存性)、効果が薄れてくるため(耐性)、いつのまにか過剰摂取になってしまうわけです。

 

ミオナールには依存性・耐性形成は認められていないため、通常はodになることはありません。ただ、肩こりや腰痛に効くという特徴があるため、「なかなか痛みが取れないから、もっと多く服用したい」と考えてしまい、過剰摂取に至ってしまう可能性はあります。

 

そして次に考えられるのが、睡眠薬・抗不安薬とミオナールを併用しているケースです。併用自体はOKなのですが、睡眠薬・抗不安薬の影響でodに至ってしまい、ついでに手元にあったミオナールもたくさん服用してしまうという事態はありえるのです。

 

ミオナールは「デパス」と併用するケースが非常に多いです。デパスも肩こりに効果があるため、肩こりの治療中にミオナールと同時処方になることがよくあるのです。しかし、デパスは向精神薬であり、odのリスクは比較的高いです。このように、ミオナールにも、状況次第では過剰摂取になってしまうリスクはあるのです。

 

ミオナールの致死量は?

 

ミオナールにもわずかにodリスクがあるわけですから、次に気になるのが「致死量」となるでしょう。万が一過剰摂取してしまったときに、死亡してしまうようでは大変です。

 

医薬品の致死量については、LD50(半数致死量)で示されます。「この量を服用すると、50%の確率で死亡する」ということになります。

 

種別 LD50
750mg/kg
マウス 324mg/kg
ラット 1002mg/kg

 

ミオナールの場合、動物実験のLD50は↑のようになっています。動物によって数字はバラバラですが、一番小さい数字のマウスで考えると「体重1kgにつき、324mgを摂取すると半数が死亡する」ということになります。

 

この数字を安易に人間に当てはめることはできませんが、もし数字だけで判断するなら、体重50キロの場合15000mg程度を服用するとLD50になるということです。

 

ミオナール1錠が50mgなので、およそ300錠を服用するとLD50に達するということになります。ただ、実際にそれほど大量のミオナールを服用することは考えにくいので、ミオナールのodによって死亡するケースはそれほどないでしょう。

 

とはいっても、LD50は「半数」の確率を見た指標なので、300錠以下、例えば100錠などでも多少の致死率があるとういことになります。なので、結局のところ用法・用量を超えるミオナールの服用は避けないといけないことがわかります。

 

その他のミオナールのodリスクとは

 

ミオナールの大量服用には死亡リスクがあるのは説明しましたが、リスクはそれだけではありません。

 

まず第一に、ミオナールの過剰摂取に至った場合、服用する薬がミオナールだけということはほとんどありません。たいていの場合、その他の医薬品もごちゃまぜでodするケースがほとんどです。他の医薬品が混ざる分、致死率も上がりますし、なによりそれらの医薬品の副作用がすべて襲い掛かってくることになります。意識が薄れる程度ならまだましですが、転んでけがをしたり、自動車事故を起こしたり……などもありえます。他人を巻き込んでしまうおそれも出てくるのです。

 

第二に、後遺症のリスクも出てきます。複数の医薬品を大量摂取するケースは想定されていないので、どんな後遺症が残るかは想像しにくいです。

 

そのため、これらの意味でも、ミオナールの過剰摂取は避けなければいけないのです。

 

過剰摂取してしまったらどんな対策が必要?

 

ミオナールなどの医薬品を大量服用してしまった場合、どう対応するかは「意識のある/なし」で変わってきます。もし意識があるようなら、それほどリスクが高い状態ではないので、横になって安静にし、症状が治まるのをまちましょう。無理やり吐き出すと胃酸が食道を傷つけることがあります。数十錠のodの場合は、こういったケースが多いです。

 

次に、意識が無くなっているケースです。この場合は緊急性が高いので、すぐに救急車を呼んで対応を任せましょう。病院での対応はケースバイケースですが、胃洗浄が行なわれることが多いです。

 

ミオナールのodに至る原因は、ほとんどの場合他の医薬品のせいです。今服用している医薬品の内容について知っておき、用法・用量をしっかり守る意識が大切です。