ミオナールとお酒(アルコール)の関係

ミオナール服用中のお酒(アルコール)は大丈夫?

 

医薬品を購入したとき、「お酒は飲まないようにしてください」なんて言われた経験をした人は多いはずです。そのため、「ミオナール服用中も、アルコールは控えたほうがいいのかな」と考える人もいるでしょう。

 

ここでは、ミオナールと飲酒の関係について解説していきます。

 

ミオナールの添付文書には注意書きナシ

 

医薬品の中には、お酒(アルコール)が要注意となっていたり、「禁忌」とされているものがあります。同時に服用すると医薬品の副作用が増強されたり、効果が薄れたりするからです。

 

そういう医薬品の場合、添付文書には「アルコールは注意」などの記述があります。なので、ミオナールの添付文書を見てみると、「酒」や「アルコール」といった記述は一切ありません。

 

参考ページ:ミオナール添付文書

 

それと、依存性のある医薬品の場合、アルコールの依存性と重複し、お互い依存度を高めてしまうことがわかっています。しかし、ミオナールには依存性は認められていないので、アルコールの依存度を高めてしまうリスクもないでしょう。

 

添付文書上注意もありませんし、依存度のつながりもないため、ミオナール服用中の飲酒が直接リスクにつながることは考えにくいです。

 

飲酒を控えたほうがいい場面はあるの?

 

添付文書の上では、ミオナールとアルコールの関係は特に問題ないということがわかりました。とはいっても、なるべくお酒は控えたほうがいい場面もあります。

 

どうしてかというと、ミオナールの副作用とアルコールの副作用が重複してしまって、症状が増強されてしまうことがあるからです。

 

消化器系の症状 悪心(気持ち悪い)、嘔吐(吐き気)、食欲不振、胃部不快感、腹痛(胃痛)、下痢、便秘
全身症状 脱力感、ふらつき、全身倦怠感(だるい)

参考ページ:副作用|むくみやめまい、頭痛が出ることも

 

↑は、お酒を飲んだ時の症状と、ミオナールの副作用が重複している症状の一覧です。

 

まず第一に、消化器系の症状が似通っています。なので、もともとミオナールで胃腸症状が出やすい人が、お酒を飲みすぎて具合が悪くなると、消化器症状が増強されてしまう恐れがあるのです。

 

第二に、脱力感やふらつきといった症状もよく似ています。ミオナールを服用して筋肉の緊張が解け、脱力感が出ているところでお酒を服用すると、ふらつきなどが出やすくなり、転倒してケガをするなどのトラブルが考えられます。

 

なので、「絶対に飲んではいけない」というわけではありませんが、ミオナールで消化器系症状や全身症状が出やすい場合は、お酒はできるだけ控えたほうがよいでしょう。