ミオナールの妊娠初期~後期や授乳中の影響

妊娠中・授乳中の女性はミオナールを服用していい?

 

妊娠中や授乳中は、「医薬品を服用してもいいの?」という部分がどうしても気になってきます。それはミオナールでも同じです。

 

まず第一に判断基準となるのが、ミオナールの「添付文書」です。

 

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。〔妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。〕
授乳中の婦人に投与することは避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合には、授乳を避けさせること。〔動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている。〕
参考ページ:ミオナール添付文書

 

妊娠・授乳中の記述については↑のとおりとなっています。

 

つまり、上記の内容をわかりやすく整理すると、

 

生活に支障が出るレベルの肩こりや腰痛などがミオナールで改善する場合はやむを得ないが、そうでない場合は服用は避けるべき

 

ということになります。

 

これだけだと判断しにくいので、もう一つ別の評価基準を見てみましょう。妊婦や授乳期の女性・赤ちゃんに対する医薬品のリスクについては、FDA薬剤胎児危険度分類基準で確認することができます。FDAはアメリカの組織で、日本で言う厚生労働省に当たります。そして、医薬品ごとに胎児に与えるリスクを分類しています。

 

FDA薬剤胎児危険度分類基準

カテゴリー 危険性 妊娠中・授乳中の服用
A 危険性が全くない OK
B あまり危険性はない おおむねOK
C 危険性があるかも 場合によってはOK
D 危険性あり やむを得ない場合以外NG
X 禁忌 絶対NG

 

↑のように、全部でA~Xの5段階となっています。「A」「B」だと比較的安全、「C」は要注意、「D」は危険、「X」は絶対NGという扱いです。

 

ミオナールはFDA薬剤胎児危険度分類基準では評価されていないのですが、同種の医薬品「テルネリン」は「C」に分類されています。テルネリンはミオナールより効果の強い医薬品なので、ミオナールも「C」以上ではないと推測することができます。

 

とはいえ、単純に「C」と言われてもピンとこないので、他の医薬品と比べてみましょう。

 

カテゴリーA 葉酸
カテゴリーB カフェイン、アセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)、アモキシシリン(抗生物質)など
カテゴリーC ミオナール(推定値)、ロキソニン(解熱鎮痛剤)クラリス(抗生物質)、デパス(抗不安薬)など
カテゴリーD アルコール(お酒)、ニコチン(タバコ)、ボルタレン(解熱鎮痛剤)、ミノマイシン(抗生物質)、ワイパックス(抗不安薬)、パキシル(抗うつ薬)
カテゴリーX サリドマイド、ハルシオン、ワーファリン、フィナステリド

 

↑は各カテゴリの代表医薬品一覧となります。

 

カテゴリーAは「安全」に分類されます。妊婦がむしろ積極的に摂るべきとされる「葉酸」などが入っていることからもそれがわかります。カテゴリーBについても、常識的な量ならOKとされる「カフェイン」が入っています。また、妊婦が解熱したいときに推奨される「アセトアミノフェン」もここに分類されます。

 

1つ飛ばしてカテゴリーDを見てみると、お酒やタバコなど、明らかに妊婦に悪い物質が入っています。ミオナールはこのカテゴリーDより1つ下の危険度と推測できるので、「タバコやお酒ほどではないけど、ある程度注意が必要」という判断ができると思います。

 

繰り返しになってしまいますが、肩こりや腰痛がつらくて、ミオナールがどうしても必要という場合は利用を検討してもいいですが、そうでない場合はできれば避けたほうがいいということになるでしょう。

 

なお、カテゴリーXに入るハルシオンやワーファリンについては、妊婦は絶対に服用NG(禁忌)となります。

 

気になるならアセトアミノフェンを選ぶのも手

 

妊娠中のミオナール服用が心配なのであれば、アセトアミノフェンを使用するというのもアリです。アセトアミノフェンは解熱・鎮痛剤ですが、ロキソニン・ボルタレンといった鎮痛剤と作用機序が異なり、妊娠中でも比較的安全な鎮痛剤とされています。アセトアミノフェンは肩こりや腰痛・頭痛などに使用されることもあるので、ミオナールをやめてアセトアミノフェンでしのぐというのも1つの手です。事実、頭痛などでロキソニンを使っていた女性が、妊娠中はアセトアミノフェンに切り替えるということもよくあります。

 

ただ、アセトアミノフェンは妊娠初期~中期に関してはある程度の安全性が確保されていますが、妊娠後期はややリスクが高まると考えられています。なので、万全を目指すなら妊娠後期は医薬品は服用せず、我慢するというのも選択肢に入ります。また、もしどうしても我慢できないようなら、医師と相談の上、ミオナールを服用することになるかもしれません。妊娠後期は胎児もそれなりに大きくなっているので、妊娠初期に比べて医薬品の影響を受けにくいためです。

 

なお、「ミオナールを服用していたら、妊娠しているのがわかった」というケースもあるかもしれません。この場合、妊娠初期の時期にミオナールを服用して過ごしていたことはほぼ間違いありません。しかし、不安に感じすぎるのは避けましょう。ミオナールを服用していたからといって、胎児に影響が出る可能性は低いです。それよりも、ストレスを抱えてしまうほうがよっぽど悪影響が大きいです。なので、不安に感じすぎないようにして、もし心配なら医師に相談するようにしましょう。

 

授乳中の対策はそれほど難しくない

 

出産後も授乳を通じて赤ちゃんとのつながりは継続します。添付文書にもあったように、ママがミオナールを服用していると、母乳を通じてミオナールの成分が赤ちゃんにわたってしまうのは避けられません。

 

とはいえ、妊娠中と比較すると、授乳中のミオナールのリスクはかなり限定的です。なぜなら、ミルク育児を選択すれば、ミオナールと赤ちゃんは完全に無関係にできるからです。いろいろな事情でミルク育児をしているママも多いですし、授乳中のミオナール服用がどうしても気になるなら、ミルク育児を選ぶのも手です。

 

ただ、ミルク育児を選択するにしても、最初の母乳である「初乳」は飲ませてあげたほうがいいでしょう。なぜなら、初乳にはママの免疫物質である「免疫グロブリンA」が入っており、最低限の免疫を赤ちゃんに分け与える役割があるからです。

 

また、ミオナールは服用してから6~7時間程度で血中濃度は1/4以下になります。なので、ミオナールを服用しないで12時間程度開ければ、授乳をしても成分を分け与えてしまうことはほとんどありません。なので、寝る前だけミオナールを服用して、昼間は授乳をするという形もよいでしょう。